0725-57-5113


 医療理念


Medical Philosophy

  高い医療レベルと新しい医療技術の導入により、
  幅広い分野で地域のすべての人々の健康と豊かな生活に貢献する


Social Responsibility


  院長は、良き地域市民としての社会的責任と責務を果たす。


Self-actualization


  スタッフは、良き地域市民となり、クリニックはスタッフの自己実現の場となる。



わたくしたちは「患者様第一主義」を貫きます。 
わたくしたちは日々勉強しけっしておごることなくさまざまな皮膚疾患に悩まれておられる患者様それぞれのニーズにやさしくお応えしていきます。 すべての人々に、誠実な姿勢と思いやりの心をもって接してまいります。


患者様の皮膚疾患の治療をとおして、患者様すべての健康の回復・維持・増進という一連の流れの中でお役に立てるように努力し、広く地域のみなさまがたから信頼されるクリニックをめざします。

地域の皆様に対する「社会的使命」として、常に地域医療に貢献できるようクリニックの新たな価値を創造・追及しつづけてまいります。

わたくしたちは患者様の健康だけではなく、エコロジーとして地球環境の保護に対しても地球の一市民としてできることから少しずつやってまいります
(地球温暖化防止対策としてクリニック内の適切な冷暖房環境 再生紙を使ったおくすり情報の提供 ガーゼ包帯など過剰な滅菌衛生材料の使用削減 お車ではなく徒歩・自転車および公共交通機関をご利用していただくようお願いする など)。

わたくしたちはクリニックとしての「社会的責任」の観点から、クリニック・ガバナンスの強化が重要と考えております。
コンプライアンス体制をさらに確固たるものにするため、組織横断的かつ包括的にリスク管理を行い、リスクマネジメントの実効性を確保するため、院長以下スタッフ全員で毎月1回リスク管理に関する検討会を開催しております。
当クリニックでは患者さまの情報をはじめ、クリニックにおいて収集・伝達・提供されるこれらの情報は、セキュリティを十分確保することが大前提と考えております。
情報の保全、情報に関するリスクの最小化、個人情報保護法等の法的対応、スタッフの情報に関する意識向上を目的に、情報管理体制の確立に取り組んでおります。当クリニックの情報資産をその漏洩やシステム障害などから守り、未然に事故の防止、万が一予期せぬ事故が発生した場合に備えて損害を最小限に抑えるためのものです。


また当クリニックは、開示規則に基づくディスクロージャーのみならず、自主的で積極的なタイムリー・ディスクロージャーにより、
アカウンタビリティの徹底に努め、透明性の向上に努めてまいります。
 



当クリニックではユニセフの活動に参加しております。クリニックでお会いする方には勿論のこと、まだ出会えていない世界の子どもたちにも何かできる事があればと考えております。


 公益財団法人 日本ユニセフ協会
    http://www.unicef.or.jp/